インプラント

Implant

| インプラント治療 |

インプラント治療 Implant treatment

インプラント治療とは

歯を失ってしまった場合、現在の歯科医学では、入れ歯(義歯)、ブリッジ、インプラントから人工の歯を入れる方法を選択することができます。この3つの治療方法のうち、インプラントは、歯を失った箇所の顎の骨にチタン合金製の歯根を埋め込み、その歯根を土台にして人工歯を装着する治療方法です。

1本の歯が無くなった場合から全部の歯が無くなった場合まで適用でき、入れ歯のように取り外してメンテナンスをする必要もなく、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もありません。また、自分の歯と同じように食べられることから、歯を失った際のスタンダードになりつつある治療法です。

インプラント治療のメリット

日頃は歯磨きによるお手入れのみで、他の歯を削ることなく天然歯と同じように食事をとれるようになります。

入れ歯のような取りはずしの必要が無い

ブリッジのように、
両隣の健康な歯を削る必要が無い

見た目が良い

ものをよく噛み砕け、
全身にも周囲の歯にも良い影響を与える

歯茎に自身の歯と同じように
刺激が伝わるので顎の骨が痩せにくい

顎の骨にしっかりと固定されるので、
違和感がなくおいしく食べることができる

発音や発声への影響がきわめて少ない

日頃は、歯磨きによるお手入れ

しっかりとメンテナンスを行うことで
長持ちします

インプラント治療のデメリット

保険が効かないため治療費は高額になります。しかしながら、長期間利用できることを考えれば、実はそれほど高額ではないかもしれません。また、治療期間も長くなりがちで、人工歯根と骨が結合するまでの間、数ヶ月かかります。その間、義歯や仮歯を使用して、見た目は分からないようにすることも可能です。このほか、自分の歯とは違い細菌に対する抵抗力がありませんので、しっかりとしたお手入れが必要です。メンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎や脱落の原因になります。

手術が必要

治療期間が長い

保険が効かない自由診療

歯周病菌に弱い

骨粗鬆症などの全身性疾患をお持ちの方は
インプラント治療が適さない場合がある

顎の骨の量が少ない場合には、
骨を増やす追加手術が必要な場合がある


インプラント治療に影響を与える病気など

インプラント治療は、年齢制限はございません。ただし、成長期の終了していない10代の方は、適応外とさせていただいております。
また、下記のような場合には、手術時のリスクになりますので、必ず担当医にお知らせ下さい。

治療を始めたばかりの
コントロールが不十分な糖尿病

ビスフォスフォネート製剤で治療している
骨粗鬆症

狭心症や心筋梗塞の発作を
起こしたことのある方

喫煙

当院のインプラント治療について

インプラント治療には手術が必要なので、多くの人が恐怖をお持ちかと思います。
当院では、最新の歯科用CTを設置しており、術前検査から術後の経過観察まで全て院内で行います。術前に患者様と相談しながらしっかりと手術プランを立て、併せてCTをみながら重要な神経や血管を確認し、最も安全な部位を選択することができますので、メディアで報道されているような手術事故のリスクを避けることができます。また、「インプラント治療は長く痛いのではないか」と思っていらっしゃる方が多いと思います。手術時間は短いと20分程度、長くても2時間程度で終了します。手術中は局所麻酔で痛みを感じないように行い、術後も鎮痛剤を飲んでいただきます。これまでの経験から、手術翌日は軽い違和感はありますが、痛みを感じる方はほとんどいません。

インプラント治療の流れ

術前診査
問診、口腔内写真、レントゲン、CT、歯型採り
インプラントができるかどうか、おおまかな治療方針を決定します。
前準備
術前診査で必要と判断した場合、先に他の歯の治療や歯周病治療を行います。
手術計画の決定
診断用のステントを製作しCT検査。インプラントの太さや長さ植え込む方向や深さをプランニングします。
手術計画が決定し、御見積もりができあがります。
手術
ご予約の15分前ぐらいに受付をお願いします。
その日の体調を確認し、術前に抗生物質や痛み止めを内服していただきます。
専用の手術室で局所麻酔にて手術を行います。術後はレントゲン、CTで確認して終了です。
消毒、経過観察
翌日、1週間後、1か月後、3か月後、といった間隔でインプラントと骨が結合するまで経過観察を行います。
患部や口腔内の状況に応じて間隔が変わります。
歯型どり
手術後、3~4か月待って、インプラントと骨が結合(オッセオインテグレーション)したところで、被せ物を作るための型どりを行います。
仮歯の装着
噛み合わせや清掃性の調整を行うための仮歯を装着します。
精密な歯型どり
被せ物を作るために専用トレー、シリコン印象剤を使用してより精密な歯型をとります。
被せ物の装着
患者様お一人お一人に合った修復物を製作し、装着します。
調整・メンテナンス
1週間~10日ほど使用していただき、咬み合わせの初期調整を行います。
その後問題なければ、1か月、3か月、6か月、といった間隔で経過観察を行います。

インプラント治療の料金

基本料金は、術前診査、手術、インプラント、被せ物(上部構造)、術後2年間の経過観察、メンテナンスまで含めて35万円(税別)となります。骨量が少ない場合や、追加の処置が必要になる場合は、オプション手術費が別途かかります。

基本料金
  費用(税別) お支払い時期
術前診査費
(レントゲン、CT、顎模型、ステントによる診査含む)
4万円 術前診査が終了し、手術の予約をお取りになった時点
インプラント代金 12万円 手術日、もしくは翌日
インプラント手術費 7万円 手術日、もしくは翌日
被せ物(上部構造)代金 12万円 被せ物セット日もしくは翌調整日
合計 35万円  
オプション手術費
  費用(税別)
複数本の埋入手術の場合 追加1本あたり、基本料金+24万円
サイナスリフト 12万円~
ソケットリフト 3万円~
GBR(骨誘導再生) 3万円~
自家骨移植 10万円~

インプラント治療後の保証

大抵の場合、最初の2年を無事に過ごせれば、その後もトラブルが起こることは少ないです。
もし2年以内に脱落してしまった場合は、再手術代は当院が負担いたします。再手術をご希望にならない場合は治療費を返金いたします。


治療後、定期的なメンテナンスをしっかり受けていただいた場合

インプラント治療後の保証

初期保証期間の2年間もメンテナンスが必要で、通院が途絶えて必要な処置ができなかった場合、保証適応外になる場合があります。
3年目以降の保証体制につきましては、状況によって治療費の一部をご負担いただく場合があります。
インプラント部分は10年間のメーカー保証がございますので、10年間しっかりとメンテナンスに通っていただいている患者様は、再手術をご希望さ
  れた場合に限りインプラントのフィクスチャー代が保証されます。
定期的にメンテナンスにご来院いただけない場合や、他院での治療を受けた場合など、状況によっては保証適応外となることがあります。

ご不明な点などございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

電話予約 052-671-1032 ※診療時間内でご予約を承っております。 WEB予約 新規予約 再診予約