歯科口腔外科

Dental Surgery

| 歯科口腔外科 |

歯科口腔外科 Dental Surgery

歯科口腔外科について

歯科口腔外科は、主に口腔内に現れる病気を診断、治療する診療科で、歯が原因のものから顎のトラブル、口腔粘膜疾患や神経性疾患、口臭症など、様々な治療を行います。


次のような症状でお悩みの場合は、ご相談ください。

歯では無い部分の痛み

顔や顎、歯茎の腫れ

抜歯後、痛みや出血がつづく

歯が折れた、怪我をした

長引く口内炎

長引く口内炎顎がカクカクする、
痛む、口が開けにくい

口が乾燥する

舌や歯茎の違和感、しこり


― など。


当院での歯科口腔外科治療について

親知らず・埋伏歯(まいふくし)の抜歯、顎関節症、歯牙移植、歯牙再植、歯性感染症、口腔粘膜疾患(口腔乾燥症、ウイルス性感染症)、嚢胞(のうほう)、腫瘍などの疾患を扱っています。

親知らず・埋伏歯の抜歯

親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったままでうまく生えないと、それが原因となって歯茎に炎症(知歯周囲炎)を起こしたりします。また埋伏歯があると、歯が押されて歯並びが悪くなったり、永久歯が生えてこられなかったり、嚢胞の原因になったりしますので、注意が必要です。

親知らず 普通に生えていて普通に噛めている親知らずなら問題ありませんが、顎の小さな現代人では正しい位置に生えてくるケースはあまりありません。ほとんどの場合、横に生えたり、生え切らなかったりするため歯磨きし難く、腫れたり、隣の歯まで虫歯になることが多くトラブルの原因となりますので、抜歯することになります。年齢を重ねると、歯根膜が薄くなり歯と骨がくっついてきたり、体の抵抗力も落ちるため歯が抜きにくくなるので、若い内に抜いておいた方がいいと言われています。
埋伏歯 埋伏歯は、歯が生えるスペースが足りないことにより、骨または粘膜の中に埋まって出てこない歯です。埋伏歯がある場合、問題が無ければそのままにすることもありますが、骨を削って埋伏歯が生えてくるように誘導したり(開窓療法)、矯正的に埋伏歯を牽引して引っ張り出したりすることができる場合もあります。親知らずが埋伏している場合には、抜歯となることが多く、その際には骨を削る簡単な手術が必要になることもあります。
顎関節症

顎関節症は、①口が開かない、②顎が痛む、③口を開けたり閉じたりしたときに関節部がポキッと鳴ったり、カクカクするなどの症状が見られる疾患です。重症になると、外科手術が必要になる場合もあります。
当院では、検査を行った上で総合的に判断し、認知行動療法、運動療法、薬物療法、スプリント療法、マニピュレーション法など、個々の患者様に合わせた治療法をご提案いたします。

歯牙移植

歯牙移植は、残せなくなった歯に代わって、自分の親知らずや埋伏歯を使って、歯を移植する治療方法です。残せなくなった歯を抜いた日に親知らずや埋伏歯を移植した場合は、保険診療とみなされるため安く仕上げることができますが、処置が複雑になるため少々時間がかかります。また、年齢を重ねると移植した歯がくっつきにくくなるため、適応年齢が限られます。

歯牙再植

怪我によって抜けてしまった歯を戻したり、根尖(こんせん:歯根の先端の部分)に膿の袋ができて通常の根管治療(根っこの治療)では治せないような場合に、いったん抜歯して根尖の治療を施してから、再び元の位置に戻す治療です。

口腔粘膜疾患

口唇、舌や頬の内側、上あご、舌の裏側、のどの入り口など、歯以外の口の中は、口腔粘膜と呼ばれる粘膜で覆われています。
口腔粘膜疾患とは、粘膜部分に症状の現れる疾患で以下のようなものがあります。

白板症

紅板症

口腔カンジダ症

再発性アフタ

扁平苔癬

口腔乾燥症

ヘルペス性口内炎

帯状疱疹

手足口病

ヘルパンギーナ


嚢胞

お口の中に水ぶくれのようなできもの(嚢胞)が生じた場合、摘出が必要です。自分では単なるできものだと思っていても、腫瘍の場合もあります。がんなど悪性腫瘍が疑われる場合には、専門的な治療を行うため、ふさわしい医療機関をご紹介いたします。

腫瘍

口の中にできものができたと気づいたら、早めに受診して頂くことをお勧めします。良性腫瘍、悪性腫瘍、その他の疾患との鑑別が大切です。悪性腫瘍や、大きな良性腫瘍などを疑う場合は、適切な処置を行うために、ふさわしい医療機関(大学病院や歯科口腔外科のある病院)をご紹介致します。小さな良性腫瘍などであれば、日帰り手術が可能です。

気になる症状などございましたら、まずはご相談ください。

電話予約 052-671-1032 ※診療時間内でご予約を承っております。 WEB予約 新規予約 再診予約